事業資金を調達するためにとり得る方法とは?

事業資金を調達するためにとり得る方法とは?


一般的な方法は銀行借り入れ

新たに事業を起こそうとする場合に、まず必要となるのが事業資金です。ビジネスを行うためには初期投資が必要となるのですが、個人だけでまとまったキャッシュを用意することは簡単ではありません。そのため、様々な方法で資金を調達しなければならないのですが、もっとも一般的な方法といえるのが銀行から融資を受けるということです。そのためには、説得力のある事業計画を作成して、銀行の融資審査に合格しなければならないのですが、銀行によっては担当者が親身になって事業計画をレビューし、修正すべき点があれば適切にアドバイスしてくれたりしますので、自らの計画を第三者の目でチェックしてもらうという意味でも審査を受ける意義は大きいといえるでしょう。

多様化する資金調達手段

かつては事業資金の調達手段といえば銀行から受ける融資がほとんどでしたが、テクノロジーの進歩とともにその方法は多様化してきています。例えば、インターネットを使ったクラウドファンディングによって資金を調達するということが可能となっていますので、自らの事業計画を公開して賛同者を集めることができれば調達コストをそれほど掛けずに必要な資金を得ることは夢ではありません。また、それ以外にもエンジェル投資家のようにベンチャービジネスやスタートアップビジネスを積極的に支援しようとしている投資家も増えてきていますので、そういった人々にアピールすることによって株主になってもらうことで事業資金を調達することも可能です。

事業資金とは会社を立ち上げるときに必要なお金で、それを元手に事業を始めます。資金を集めるためには銀行から借り入れをしたり、出資者を募ったりすることがあります。

Back To Top